1. TOP
  2. IT・マーケティング
  3. Mauticでスコアリングをする方法

Mauticでスコアリングをする方法

萩野めぐみ
今回のテーマは.「Mauticのポイント機能でスコアリングをする方法」について。

クライアントA
「Mauticでスコアリングするにはどうすればいいの?」

という悩みを解決します。

マーケティングオートメーションツールには「スコアリング機能」がついています。Mauticではこのスコアリングを「ポイント」という呼び方をしています。

今回はこのMauticのポイント機能を使って、スコアリングする方法をお伝えします

0.スコアリングとはなにか?

まず、スコアリングする方法の前に、一体スコアリングとは何かをお伝えしておきます。

0-1.リードに点数をつける

スコアリングは点数付けということです。

具体的にいうと、あるアクションをしてくれたリード(見込み客)に対して、点数づけを行うことにより加点をしていく作業です。

例えば、Aというアクションをしたら30点、Bというアクションをしたら70点、といったようにアクションごとのスコアを変えることもできます。

このようにスコアリングをするなかで、スコアが溜まったリードは、見込み客のなかでも購入意識が高いリードだと判断ができるわけです。

このようなリードに対しては、積極的にアプローチしたり、魅力的なオファーを個別にしていく戦略をたてることができます。

0-2.点数化により見える化が可能

点数化することによって、リードの見える化することができます。誰が購入意識が高い状態で、誰が購入意識が低い状態なのかが数字で分かるようになります。

つまり自社の中で、どのリードに対して優先度と重要度をもって対応すべきなのかが分かります。

もし自社のなかで、スコア400点以上は購入見込み度Sランク、300点がAランク、200点がBランク、それ以下はCランクという基準をもうけたとしましょう。

これだけで、営業の人が時間をかけるのはSランクまたはAランクに分けられたリードだと分かります。つまり客観的にリードのセグメントを分けることができるわけです。

0-3.自動化ができる

こういったスコアリング機能を使って、自動化できるのがマーケティングオートメーションツールの特徴です。Mauticでももちろん自動化はできます。

こういったシステムの恩恵を活用して、社内のマーケティングをどんどん自動化していきましょう。

1.スコアを設定する

スコアリングを設定していきます。
 

STEP1.「ポイント」から「アクション管理」

ダッシュボードのポイントからアクション管理をクリック

STEP2.「新規」をクリック

右横に出てくる新規をクリック

STEP3.スコリアリングを設定する

ACTION1.名前を編集する

スコアリングのタイトルを決めます。ユーザーには見えません。管理しやすいタイトル名にしましょう。
(例:HPからのお問い合わせ、メルマガからのメール返信があった、資料請求されたなど。)

ACTION2.点数を決める

スコアリングを決定します。Acitio1のステップをしたユーザーに何点のスコアを加算するのかを決めます。点数は10点~20点刻みで、つけるのが良いと思います。

ACTION3.コンタクトが…を編集する

ここでは、具体的にリードが何をしたらスコアを付与するのかを決めます。

既にこの時点でMauticでランディングページを作ったり、資料をアップしたり、メールを配信したりしていると思います。そのなかで具体的にどの行動にスコアを付与するかを紐付けます。

例えば今回は「お問い合わフォーム記入」というスコアリングなので、紐付けるのは「フォームアクション」です。その後、フォームへの制限の部分では、具体的なフォームを決定しています。

そうすることで、具体的にどのアクションにスコアリングするかを決めることができます。

STEP4.保存して終了する

最後に、右上にある「保存して終了する」をクリックする。これでスコアリングが完了です。

\ SNSでシェアしよう! /

ローンチ島の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ローンチ島の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • Mauticで特定のページをスコアリングをする方法

  • ローンチ?ランチ?launchの意味と読み方をビジネス視点で分かりやすく説明してみる。

  • Mauticでサンキューページを設定する方法

  • Mauticを使ってリード・リストにメールを送信する方法

  • 見込み客を集客する31種類のリードジェネレーションの手法

  • 『コンテンツスカウターZは使えない』という評判を覆す、累計1,000万PVのコンテンツSEOアフィリエイターの口コミに思わず納得