1. TOP
  2. 海外・グローバル
  3. 寒い!なぜエアアジアでは上着が必要なのか?CEOトニーフェルナンデスのずる賢いマーケティング戦略

寒い!なぜエアアジアでは上着が必要なのか?CEOトニーフェルナンデスのずる賢いマーケティング戦略

 2017/08/24 海外・グローバル 運営者コラム  
本日はLCC(ローコストキャリア)として有名なエアアジアについてお伝えしていきます。

タイトルに「ずる賢い」とあるので少しやらしい気配がすると思いますが、まあこのまま読んでいただければ分かります。

エアアジアは私もそれなりに良く使います。理由は、CAさんの赤いコスチュームを見るためです。はい嘘です。嘘ですけど、男性はエアアジアのコスチュームに思わず目が行ってしまいますよね。(笑)

余談はさておき、エアアジアは東南アジア圏内(タイ、ベトナム、シンガポール、フィリピン、インドネシア、マレーシア)のフライトが便も多く、使い勝手が良く、ちょっとした移動も安いので便利なんですよ。

日本の感覚だと、大阪ー東京間をサクッと新幹線で移動するようように、バンコクークアラルンプール間をエアアジアでサクッと1時間くらいで移動するようなものです。それでいて5,000円くらいですから。安いもんですよね。

そんな便利で安いエアアジアに友人が働いています。

そんな彼から、いつも陰口ばかり聞かされるので、まあ今日はビジネス視点でそんなエアアジアについてお伝えします。

ちょっと言い過ぎて文句を言われたら、記事は消しますのでご紹介ください(笑)。

1.エアアジアについて

まずは、AirAsia(エアアジア)の前提知識を深めていきましょうか。

わざわざエアアジアの説明するのもくどいかなあと思うのですが、

どれだけAirAsia(エアアジア)が
凄いのか分かると思います。

簡単に見て行きましょう。

1-1.LCC世界最大手を受賞

Air Asiaは、
世界で最も優れた格安航空会社として

「ワールド・ベスト・ローコスト・エアライン部門」

に8年連続1位で選出されています。

ようはLCCの中で、
1番評価されているということです。

LCCというのは、
ローコストキャリアの略で、
格安航空会社という意味。

日本だとジェットスターや、
ピーチなんかも有名ですね。

日本は、ANAやJALといった
2大飛行機会社がありますが、

こういった、格安の飛行機会社の台頭で
海外に安くいけるようになりました。

1-2.空港1つがまるまるエアアジア

このAir Asiaの本拠地が、
マレーシアのクアラルンプールにあります。

マレーシアのクアラルンプールには
国際線のメイン空港が2つあります。

その2つのうちの、
ターミナル2の方。

クアラルンプール
インターナショナルエアポート2

通称、KLIA2

こちらの空港は、
なんとすべてエアアジア路線です。

すべて、エアアジア。

エアアジアしか
飛んでないからといって
決して狭いわけではないです。

敷地面積は1万ヘクタール。

これはアジア最大規模で、
成田空港の10倍の広さです。(笑)

成田の10倍…って。
広すぎて迷子になるくらいです。

ちなみに、本当に広いです。

KLIA2で飛行機を降りて
イミグレーションまで行くのに
歩いて15分〜20分かかります。

そんな広い空港に、
Air Asiaと書かれた機体が、
毎日フルスロットルで行き来しています。

1-3.オフィスはGoogleに対抗?

さてここからです。

エアアジアは2016年末に
新しいオフィスを空港近くに新設。

なぜか、私も連れられて
何回か入ったことがあります。

空港会社本社にしては、
凄い豪華ですね。

Googleオフィスみたいに
寝ころんで遊べるスペースもあるようです。

マレーシア人は怠惰なので
毎日ここで食べて寝てるみたいです。

贅沢ですね〜。

1-4.実は分社化。エアアジアは8社もある

実はエアアジアは、
8つの会社で分社化されています。

・エアアジア X(マレーシア)
・タイ・エアアジア
・タイ・エアアジア X
・インドネシア・エアアジア
・インドネシア・エアアジア X
・エアアジア・フィリピン
・エアアジア・インディア
・エアアジア・ジャパン

「X」

と書かれたものが国際線です。

ちなみに、羽田国際空港から
AirAsiaでフライトする際は、
基本的に「X」の会社です。

そのため、
CAのスタッフさんは
だいたい外国人です。

名前から分かると思いますが
東南アジアに展開しています。

そのため、東南アジアで飛んでない国は
ほぼないというくらい路線があります。

日本では、
千歳、羽田、関西、の3区間

セントレアも飛んでいたのですが
今はストップしているみたいです。
(また復活するようです)

もちろん、
東南アジアだけではなく、
オーストラリアやアフリカにも
路線があります。

1-5.日本人の夢!ハワイを格安で飛ばす

つい最近衝撃的なニュースがありました。

Air Asiaが関空からハワイの
直行便を飛ばすことになりました。

これで2万以下で
ハワイにいけることになりました。

ちなみに日本のエアアジアではなく、
マレーシアのエアアジアXの会社が
ハワイに飛ばします

ということで、
クアラルンプールから出た機体が、
日本の関西国際を経由していき、
ハワイに行くということですね。

ですから、
乗客スタッフはほとんどマレーシア人です。
(残念ながら)

ハワイに安くいけるのを喜んでいるのは、
日本人だけでなくマレーシア人も一緒です。

2.トニーフェルナンデスのずる賢いマーケティング

では本題です。

さて、こんな凄い便利な会社を作ったのが、
トニーフェルナンデスさんですね。

トニーフェルナンデスの

「ずる賢いマーケティング」

というタイトルですが、
エアアジアの実態を話していきます。

2-1.機内は寒く!どんどんブランケットを使ってね。

実は私、日本からマレーシア便の飛行機で、
トニーさんと一緒になったことがあります。

この時、乗客スタッフとして乗っていた
CAさんが友達だったので、たまたま、
トニーの存在を教えてくれました。

「あれが、Air Asiaの会長だよ」と。

へ〜会長もAir Asiaなんか乗るんだあと
思ったわけです。

そして、今日もいつも通り
エアアジアの機内は寒い。

この日、友人CAはビジネスクラス担当だったので、
トニーさんと私がいるエリアを見ていたのですが、

トニーさんは友人CAにこう言ったみたいです。

トニーさん:「今日はブランケット売れてるか?」
友人CA  :「〇個くらいですね」
トニーさん:「いかんな。あと2度、もっと寒くしろ。」
友人CA  :「・・・・はい。」

会長の指示は絶対です。

牛丼屋の利益は、
一個100円の半熟卵のように、

LCCの利益は、フライト代ではなく
ブランケットから生まれます。(笑)

こういった小さなところの
利益の積み重ねですね。

エアアジアに乗る際、
特に国際線でフライトの場合。

上着は必須です。

東南アジアの、
クアラルンプールに行こうが
バンコクでもバリ島だろうが
上着は必須です。

ちなみに、エアアジアのブランケットは
最後に回収されますのでお気つけください。

2-2.白人は即採用!オーストラリア人が大好き

トニーフェルナンデスさんは
アジア市場を攻めて成功しました。

今後は西欧ルートの開拓、
オセアニア州の利用人数を増やす
方向で動いています。

ということで、
トニーさんはオーストラリア人が大好き。

もちろんこれは
個人的な好みではなく、
ビジネス的な意味です。

現在、エアアジアは白人系のCAであれば、
採用確立がとても高いそうです。
(内部スタッフのタレコミ)

2-3.飛ぶ飛ぶ詐欺。これがテストマーケティングだ

ハワイ便の渡航の前、
こんなニュースが公式発表で流れました。

2016年10月に、
Air Asiaからバルセロナ便!

エアアジアXが、
トルコ経由でバルセロナに飛ぶと。

しかし、
現在飛んでいるかというと、
まったくその気配なし。

エアアジアとういのは、
マーケティングに長けている企業です。

いろいろなところで
「嘘?」をついて、市場の反応を見て
テストマーケティングをしています。

現にこのスペイン便がなくなったのは
反応が良くなかったからどうだとか。

実際、福岡にも飛ぶ飛ぶといって、
まったくその気配はありません。

エアアジアは
テストマーケティングと謳って
飛ぶ飛ぶ詐欺を繰り返してます(笑)

3.AirAsiaで快適な旅をしよう

さあ、間接的に、
散々エアアジア批判をしてしまいましたね。

ただ、こういった
従業員のしわ寄せがあるから
私達は安く飛ぶことができます。

Air Asiaさんに感謝して
素敵なフライトをしていきたいものです。

ということで、
最後にAir Asiaを快適に過ごすために
心がけるポイントをいくつか書きます。

3-1.みなさん厚着を持参しましょう

言うまでもないです。

エアアジアの機体は寒いので、
上着は必ず用意していきましょう。

3-2.できればクワイエットゾーン以上を

エアアジアは、

・エコノミークラス
・クワイエットゾーン
・ホットシート(シートがあったかい)
・ビジネスクラス

の4種類の座席があります。

上から値段は安いのですが、
できればクワイエットゾーン以上にしましょう。

特に深夜便は
エコノミークラスは
電気が暗くなりません。

クワイエットゾーン以上で
席をとるのがおすすめです。

3-3.空いてる席を見ておきましょう

エアアジアは、
空いてる席であれば、
各自自由移動OKです。

クワイエットゾーンの方は
クワイエットゾーンの中で移動できます。

ギリギリまで、
チケット取得画面を見ていると、
だいたい空いている席が分かります。

ボーディングギリギリで機体に乗って、
狙っていた席が空いていれば、移動して
座ってもOKです。

誰も何も言ってきません。

まあちょっとしたテクニックです。

3-4.奥義!三裂シート確保術

私は4時間以上のフライトで
エアアジアを使うならこれを使います。

3列シートで、
横に寝ている人いますよね。

このサービスを使えば、
3席分を独占できます。

エアアジア | Optiontown | エンプティ・シート・オプション(ESo)

エンプティ・シート・オプション。略して「ESo」と呼ばれるサービスです。

このサービスを利用することで、
席があれば横一列で寝ることだってできます。

ぜひ試してみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

ローンチ島の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ローンチ島の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • マレーシアに移住する方法とクアラルンプールの7つの魅力(動画つき)

  • ビジネスオーナーになる方法|ヨーロッパに住む大富豪の教え

  • PTとは|パーマネントトラベラーで海外を賢く使い豊かになる方法

  • 183日ルールは存在しない。1年の半分を海外で過ごせば日本非居住者になれるは嘘である。

  • 21世紀の進化論|IT×グローバル×金融のスキルで世界を舞台に自由に活躍できる日本人になろう!

  • フェラーリはまだ買うな!ジェフウォーカーが教える27の成功の秘訣