1. TOP
  2. IT・マーケティング
  3. 『コンテンツスカウターZは使えない』という評判を覆す、累計1,000万PVのコンテンツSEOアフィリエイターの口コミに思わず納得

『コンテンツスカウターZは使えない』という評判を覆す、累計1,000万PVのコンテンツSEOアフィリエイターの口コミに思わず納得

2018年2月20日より一般販売スタートした、最新のコンテンツSEOツール「コンテンツスカウターZ」をレビューしていきます。

⇒ [豪華特典つき]コンテンツスカウターZの詳細はこちらから

重要:2018年9月28日(金)〜9月30日(日)の期間、コンテンツスカウターZの再販キャンペーンがスタートします。

再販キャンペーン期間に限り、

コンテンツスカウターZを、通常2,980円 → 月額2,480円で購入できます。

1回限りの割引ではありません。毎月500円の割引で、ツールを永続的に使い続けることができます。月500円の割引ということは、1年6,000円、3年で18,000円、5年で30,000円の割引価格が適応されます。

今、コンテンツスカウターZを購入するなら、上に記載した3日間の間に購入することをオススメします。また、再販キャンペーン中にコンテンツスカウターZを購入してくれた方には、特別特典を追加することにしました。

・【追加特典】:2018年Googleのアップデートを乗り越えた方法

2018年はGoogleの変動が顕著に目立ちました。

YMYLやコアアップデートにより、検索エンジンからのSEO(検索上位)の大幅な見直しがはかられました。その結果、サイトが飛び、メディアで食っていけなくなった人もたくさんいると聞いています。

そこで、茂木氏がこれから生き残っていくために最低限やっておくべき施策をまとめてくれたのでシェアします。

もしあなたがMFIやSSL、プライバシーポリシーなどの施策をしていなければ、マナー違反であり、web運営をしていく資格すら与えられない(検索エンジンで不利益を被る)かもしれません。

それくらいweb運営をしていく上で最低限、身につけておかなければいけないマナーが施策としても盛り込まれています。

あなたが健全なweb運営をしていないかもしれないと思っているのならば、もしくは、それに気が付かずに不健全な運営をしているのであれば、ぜひ茂木氏がシェアしている情報を今すぐ確認ください。

⇒ [追加特典]コンテンツスカウターZの詳細はこちらから

当サイトからコンテンツスカウターZを購入いただいた方には、特別な特典をつけてます。

コンテンツSEOを加速させる特典5つ
【特典1】確実に成功するためのコンテンツSEO戦略

【特典2】 最短で成功するコンテンツSEO戦術5つ

【特典3】知識不要!オンラインで完結!オリジナルコンテンツを作る7つのアイデア

【特典4】トレンド記事でアクセスを集めてドメインを強くする方法

【追加特典】:2018年Googleのアップデートを乗り越えた方法

※特別特典についてはコンテンツスカウターZの特典の記事をご覧ください。。

このツールを一言でいえば、

「コンテンツSEOで大量のアクセスを集めるための凄いツール!」

ということですが、コンテンツスカウタ−Zは使えない!と言う人もちらちらいるようです。その真相はどうなのでしょうか。

早速、コンテンツスカウターZが本当に凄いツールなのかどうかを、実際に累計1,000万PVのメディア運営している友人のMOGIさんに聞いていきます。

では、「MOGI」さん宜しくお願い致します。
どうも、MOGIです。
MOGIさんは、普段は表にでてこない、目立ちたがり屋です。(笑)
本当は目立ちたい願望があるけど、目立てないMOGIです。
・・・・笑
今日は、根ほり葉ほり、このツールの機能を検証していこうと思います。MOGIさんよろしくお願いします!
ちょっとだけですよ。。(本当はドヤりたい)。
はーい。よろしくお願いいたします。
MOGI(もぎ)さんのご紹介
MOGI
●世界を自由に旅するSEOサーファー「MOGI」
大手企業がひしめくジャンル(旅行、英語、健康など)のオウンドメディアを次々に成功させてきたコンテンツSEOのプロフェッショナル。累計1,000万PV以上集めてきた実績をもつ。手がけたサイトは全てゼロから半年以内に新規見込み客を集め収益化に成功。現在は1日数時間だけ働き、あとは世界中を巡りながら自分の好きなサーフィンをするライフスタイルを送っている。

1.コンテンツスカウターZのスペックを見ていこう

では、早速。コンテンツスカウターZって知ってました?
もちろん!知っていますよ、既に使ってますからね。
おお!さすが情報が早いですね。それなら早いです。
今日はMOGIさんに、このツールがコンテンツSEOで本当に使えるかどうかを聞きたいのです。
うーーん。
どしたんですか?
ツールが使えるかどうかってのは、本人次第じゃないですかね?
ほら、諸刃の剣というか、使いこなせないと、宝の持ち腐れですし。
まあおっしゃる通りですよね。(それをいってしまったら・・・・)
でも、僕ならこうやって使う!ってのはお伝えできるとは思います。
ありがたいです。では早速コンテンツスカウターZの紹介から入っていきます。
あ、その前に。
どうしました?
この記事は誰向けに話されるつもりですか?
あ、そうですね。こういう人に役に立てて欲しいと思います。
・アフィリエイター
・ブロガーさん
・オウンドメディア運営者
・ホームページ運営者
なるほど、分かりました。
願望といえばこんな感じですかね?
・SEOで上位表示したい
・検索上位表示されるコンテンツを作りたい
・アフィリエイトで稼ぎたい
おっしゃるとおりですね。
分かりました。
では早速はいっていきましょう。

1-1.コンテンツスカウターZの大きな4つの機能

コンテンツスカウターZの販売ページには、超わかりやすいプロモーション動画が貼り付けられていますので、まずはこちらの動画をご覧ください。

単純にかっこいいいですね。なんか見てるだけで欲しくなる。

販売会社代表の横山さん(後で説明)は、ドラゴンボールZのスカウターをイメージしたみたいです。プロモーションPVにもその影響もあって、たしかにスカウターっぽい、(笑)

この動画にもあるように、コンテンツスカウターZは大きく4つの機能が備わっています。

機能1:キーワード解析機能
機能2:コンテンツ構成を丸裸にする「見出し解析機能」
機能3:使っている単語(共起語)がわかる「共起語解析機能」
機能4:アフィリエイトサイトか調査できる「タグ解析機能」

他にも、様々な機能があるので、あとからMOGIさんを交えてご紹介していきます。

一つ、いいですか?
はい?なんでしょう
コンテンツスカウターZはメインの機能だけで十分だと思います。
と、いうと??
Catch the Webさんのツールは、嬉しいことに、いつも機能が多すぎるから、あんまり色々やりすぎても、逆に効率おちると思いますよ。
では、この大きな4つの機能だけで十分だと?
そうです、初心者には十分すぎます。

1-2.あのPandora2の販売者が作ったツール!

次に販売者の紹介をしていきます。そのまえに・・・3年前、突如PPC業界を席捲したツールが販売されました。それが

禁断のツール「Pandora2」です。

簡単にいうと、リスティング(PPC広告用)のツールで、ライバルが稼いでいるキーワードや戦略をすべて覗き見できてしまうツールです。

リスティング広告をしている人は、知らない人はいないというツールです。累計1万本近く売れているので(販売者にも確認した)かなりの方が利用しているのではないでしょうか。

PPCで稼いでいる人からすると、その方法がすべて、Pandora2でバレてしまいますから「販売中止してくれ!」。という声がたくさんあったそうです。

そういう意味で禁断ツールだったのですが、まあ、そんな凄いツールを作った販売者が、今回のコンテンツスカウターZの販売者でもあります。

それが、Catch the Web Asiaの横山さんです。

Catch the Web グループはコンテンツ販売を主軸にした、Webマーケティング会社です。10年で70億円以上売り上げるほどの結果をだしています。

最近はTSUTAYAさんと共同でコンテンツを販売したり、あらゆる業界で売れるホームページを作成したり、ウェブのなかでも手広く、長く、海外展開もされている会社です。業界ではかなり知名度が高い会社です。

 Catch the Webといえば?
 ほんと、なんでもやってますよね(笑)
日本一の規模感のアフィリエイタースクールをやってるし、自社でASPもやってるし、コンテンツも作って売ってるし、プロモーションも大手と組んでるし、CMSも自社でやってるし・・・
なんでもやってる。(笑)
今回のコンテンツスカウターZを販売しているCatch the Web Asiaは、マレーシアにある会社で、ファウンダーでもある横山さんが代表の会社です。
横山さんは気さくな方ですよね。
はい、私も何度もお会いしていますが、文章は論理的な感じですけど、人柄がとても気さくで。なんか一緒にいて何でもやれちゃうような感じがする人です。

1-3.キャッチは、ツール販売に定評がある

Catch the Webグループ(通称キャッチ)の販売するツールは、どれも定評があります。

さきほどご紹介したPandora2意外にも、COMPASS、キーワードスカウターS、といった多様なツールを開発して販売しています。

どのツールも悪い噂がなく、サポートに関しても迅速で、使えるツールが多いと評判なのが、Catch the Webのツールです。

過去のキャッチザウェブのツールと、コンテンツスカウターZの違いを簡単に書いておきます。

■キーワードスカウターS
キーワードに対する競合サイトがどれぐらいあるのかSEOで上位を狙うのに厳しいのか緩いのかを判断する指標を計測するツール

■Pandora2
PPC広告での競合がどれぐらいあるのか、どのような広告を出してるのかPPC広告を主軸にした競合調査ツール

■COMPASS
キーワードスカウターSに、サイトの順位チェックや競合の被リンク調査なども加わったサイトSEOの指標を計測するツール

■コンテンツスカウターZ
コンテンツSEOをベースに競合の共起語やサイト構成などをチェックするツール

Pandora2とコンテンツススカウターZでの違いでは、Pandora2は、PPC広告をやる場合には、必須ツールになり、ホームページのアクセスアップを考えているなら、コンテンツスカウターZに該当します。

そいうえばMOGIさんは、Pandora2を駆使してキーワードを戦略をたてたらしいですね。
そうです。僕がコンテンツSEOで成功できるのは、Pandora2のおかげですよ。
そうだったんですね。!!
Pandora2はSEOでも役に立ちます。
へーそうなんですか。じゃあPandora2も買う必要ある?
コンテンツスカウターZにも、パンドラ2と同じ機能が搭載されているから、SEOやりたい人は迷わず「コンスカZ」でいいと思うよ
おー!コンスカZ!(略したな・・・)

2.コンテンツスカウターZの機能をみていこう

それでは、コンテンツスカウターZの機能をみていきましょう。
どれから見て行きましょう?
普通に上からでいいんじゃないですか?
販売ページ通りに、機能1、機能2、機能3、機能4って。
何いってるんですか、せっかくだし、使える機能の順番に紹介していきましょうよ。
ランキング的な?(笑)
そうそう。もちろんMOGI視点で。
い、いいですね。(楽しそう)
ではいきますよ、コンテンツスカウターZの機能1つめー!

4番目に使える:タグ分析機能

詳しい説明は動画でされています。かなり分かりやすいと思いますので、1度ご覧ください。

これはどういう風に使うのでしょうか?
ライバル調査ですね。参入するかしないかの指標になります。
では、説明お願いします。m(._.)m
いきなり無茶ぶりですね。了解です。

例えば、アフィリエイトを例にしましょう。

「FX 口座開設」
「仮想通貨 口座開設」

とかのキーワードがあるじゃないですか?こーいうキーワードは、考えただけでも、アフィリエイトの競合が多いとか分かりますよね。

しかし

「●●県 脱毛サロン」とかのキーワードですと、アフィリエイトサイトがなくて、地方のポータルサイトとか、脱毛のホームページがトップ10にでてくるわけです。

正直、ポータルサイトはSEOは強いかもしれませんが、地方の脱毛サイトのSEOはたいして強くないと思われます。そして、アフィリエイトサイトの競合がいないのであれば、そこに記事を書けばSEOで食い込めるだろうなって仮説ができます。

だから「●●県 脱毛サロン」と検索するユーザーは、生の口コミを求めている確立が高いです。そこにブログ形式の比較記事をぶち込めば、もしかしたらアクセスはあるかもしれませんね。

・40代のおばさんが、●●県の有名脱毛サロンを7店舗回って評価してみた

このような、しっかりとターゲットを絞ったタイトルだと、検索している30代40代の女性は気になるじゃないですか。そして、アクセスが集まれば、実際に店舗に交渉して紹介料もらったりとか、広告枠とることでマネタイズだってできます。

なるほど。
狙ったキーワードで参入するかどうかの指針になりますね。
で、使えますか?
うーん、私はそんな使わない。
・・・なぜ?
たしかに参考にして使える機能だと思うけど、本当にガチで参入するときって、手動で見に行くのでそこまで使わないですね。
じゃあいらない機能?
いや、いらないとかじゃなくて、コレを見て、実際にサイトに行ってリサーチするもいるだろうし。
あたりをつけることができるって意味で、有効です。

3番目に使える:共起語検索機能

次に共起語です。共起語は重要な指針ですよね。
はい、でも共起語について分かってる人、そんな多くないですよね。
じゃあ、MOGIさん・・・
仕方ないですね。話しますよ
あ、はい。(やはり話したがりですね)

共起語というのは、キーワードに付随して出現する言葉です。

たとえばそうですね。脱毛というキーワードに対して何を連想しますか?

・治療に関する「痛い・安い・通院」という言葉だったり
・「腕・脚・顎」といった部位を想像するかもしれません
・容姿的な「綺麗・かっこいい・もてる」といいう言葉も連想できます。
・他にも「カミソリ負け」「ブラジリアンワックス」といったキーワードもあります。

こういった脱毛という記事に頻出する言葉を、共起語といいます。

共起語を網羅することによって、SEOにも効果があります。

共起語を網羅することにより、必然的にいろいろと痒いところがに手が届く記事になります。つまりあらゆるユーザーの悩みを解決するようになるので、記事の品質があがります。よってグーグルに評価されやすいってことです。

コンテンツスカウターZを使うことで、キーワードに対する上位サイトの共起語を抜き出すことができますので、それらを参考に記事を書くことができます。

 では、共起語はどうですか?必要ですかこの機能
 共起語は大事です。大事ですが・・・
僕はそんな意識してないんですよね。
えー。意識してないんですか?
キーワードを考えて、共起語まで意識すると、大変でしょ?
ま、まあそうですけど。
僕はこの後に紹介する「キーワード検索機能」「見出し構成機能」しか基本使いません。
それで大丈夫なんですか?
大丈夫だから100万PVです。
・・・・
共起語って意識しなくても、キーワードを膨らませれば。共起語は自然に記事に入るもんだ、ってのが僕なりの意見です。
例えば、ロングテールキーワードの(脱毛 治療後 痛い)をイメージしたら、どんな人が検索しているかイメージができます。
はい
そのイメージを膨らませて、この後紹介する見出し構成機能でライバルを分析していけば、自然に共起語なんて入ると思うんですよね。
じゃあつまり、これも使えない機能ですか?
僕は記事をブラッシュアップしたいときとに、共起語を見て、足りてないキーワードを入れたりして修正するときに使ってます
だから+@の武器として使ってます。
なるほど、不足点を補うってことですね。それは勉強になります。

2番目に使える:お宝キーワード検索ツール

次、お宝キーワード検索機能ですね。
もう、これには大変お世話になってます。
Pandora2でもおんなじような検索ツールになってますよね。
そうなんです。コンテンツスカウターZ以外のツールでも、この機能は使うことができるんですよ。
で、これがめちゃくちゃ使えます。もうほんとに役立ってます。
とりあえず動画見てもらえれば分かりますね。凄さが。
そうそう。これキーワードプランナーで、検索数も出したキーワードをCSVで取り込めるんですよ。
この機能で解析してもらったら、もうこれだけで大分違う。
稼げないアフィリエイターと、稼げるアフィリエイターの違いはここにあるかもしれませんね。
その通りです。
じゃあ・・・教えてください。
MOGI氏が、どうやってこの検索機能を使ってるか。
いやですよ。
みんな知りたいと思っているはずです。
ホントですか?
以外に女性が多いんですよ。このサイトの読者。
ちょっとだけですよ。
・・・(笑)

キーワード検索機能については、もう色々な調べ方ができるんですけど、基本的に初心者の方にむけてのやり方を1つお伝えしますね。

STEP1.キーワード検索機能で3階層の深掘りする
STEP2.intitle/allintitleの比率をチェックする
STEP3.プレミアムポジションの件数を確認する
STEP4.検索ボリュームを計測する

1.キーワード検索機能で3階層の深掘りする

まず、あなたが狙うキーワードをキーワードを、コンテンツスカウターZで3階層まで深掘りしてください。(使い方はコンテンツスカウターZのマニュアルに書いてありますので参考にしてね)

例えば脱毛でやってみます。そうするとこのような4語のキーワードがでてきます

・脱毛 新宿 オススメ 安い

そして、このような4語以上のロングテールキーワード(長いキーワード)がたくさんでてきますから、それをCSVでダウロードしてください。

2.intitle/allintitleの比率をチェックする

CSVで見て見ると、allintitle数が分かると思います。これは、そのキーワードがすべて入った記事数を意味します。逆に、intitleはキーワードの一部が入った記事です。

わかりやすく説明しますね。

「脱毛 新宿 オススメ 安い」というキーワードに対して、

・4つ全てのキーワードが入ってのが「Allin Title(オールイン)の記事数」
・3つ以下のキーワードの場合は「Intitle(インタイトル)の記事数」

intitleが多けど、allintitleが少ないキーワードを抽出すれば、ライバルが弱いキーワードを見つけることができます。

3.プレミアムポジションの件数を確認する

プレミアムポジションとは、簡単にいえば広告がでてるかどうかです。広告が出稿されているということは、お金が動いてる市場だとあたりをつけることができます。

4.検索ボリュームを計測する

1〜3で抽出したキーワードを、グーグルのキーワードプランナーにいれてみてください。それで検索数母数をはじきだして、月間100あれば勝負できる記事だと思ってもらって大丈夫です。

まとめると、ライバルが弱くて少なく、広告出稿がされていて、検索母数がある程度あれば、それは初心者でも稼ぎやすいですよね。

この1〜4を実行することで、相当有利にキーワードを選定できます。

これ凄くないですか。(^0^;)
はい、出しました。(キリッ)
ノウハウ出しちゃいましたね。
はい、ノウハウだと思います。
こんな使い方が他にもたくさんあります。実際にコンテンツスカウターZをつかってみながら試行錯誤していくと自分なりの手法が見つかりますよ。

1番使える:見出し解析機能

これが1番使えます。(自信満々)
そうなんですか?(推され気味)
この機能だけでも、月額を払う価値があります。
それでは、最後お願いします。

コンテンツSEOにとって肝は「コンテンツ」です。ようは記事内容です。

それで私達は、検索上位されているライバルサイトより良い記事をつくるために、検索上位されているライバルサイトを見に行く「リサーチ」をするわけです。

リサーチでは、記事の文字数、被リンクなど、色々なものを参考にするわけですが、一番何を目視で見ているかっていうと「記事構成」です。

記事構成はめちゃくちゃ大事です。たとえば、記事の構成をみるだけで、内容、ストーリー、オファー、切り口などなど、すぐ分かるんですよ。(もちろん慣れは必要ですけど)。

しかし、ライバルの記事構成を逐一チェックするのは、かなり億劫なわけです。1ページづつスクロールして、内容をチェックしてってなると、もうリサーチだけで相当な時間がかかります。

それを補ってくれるのが、この見出し解析機能です。

この見出し解析機能を使うことで、一瞬でライバル記事構成を参考にすることができます。

このように書くと、同じようなコンテンツになってしまいませんか?という質問があります。

しかし、こんな質問をする人はセンスがなくって、検索上位の記事の構成をみることで、被らないようにすることもできますよね。切り口を変えることができますよね。

参考にするというのは、パクるってことじゃないですよ。

同じようなパクリ記事をあげても仕方がないでしょう。この機能を使って、より効率的にアイディアを生み出し、違う切り口で、ライバルを越える内容を書くことができるってことです。

ライバルの上をいかなければ記事は上位表示されないわけですから、それを見つけるためにこの見出し機能を使うわけです。

おお、語ってますね。
はい。熱が入りました。
本の目次と同じですよね。
僕は本の目次を読んで、本のアウトラインをつかんで読むか読まないか判断しています。それと似たような感じがしました。
なるほど、それは面白いですね。
リサーチでいえば、細部はそこまで参考にする必要がないんです。
なんでですか?
文章の細部を見てしまうと、その内容に引っ張られるので、文章も自然に似たようになってしまうんです。
だから、ライバルの全体像を見出しでつかんで、切り口とか、ストーリーを知るくらいでちょうどいいんですよ。

3.コンテンツスカウターZで外注戦略を容易に!

MOGI、説明ありがとう。
どういたしましてです。
MOGIの1番の推し機能は「見出し解析機能」だったのね。
そうなんですよ。もっといっておくと、私と同じような100万PV以上の人達もやばいっていってるのがこの「見出し解析機能」なんです。
へー、そうなんですね。皆そこがオススメなんですね。
はい。これを外注に使う事で最高の効率性を出すことができます。
おお、外注に使うというと?
ようは、この見出し解析機能を使うことで、外注さんにも記事の依頼がしやすくなるんですよ。
そこ、詳しく詳しく。

メディア運営をされている方であれば、自分で記事を書くのではなく、他人に書いてもらっている人も多いと思います。そんなときに、コンテンツスカウターZがとても役に立ちます。

例えば、クラウドソーシングで、安いライターさんに記事をお願いしている方もいるでしょうし、業者にお願いしている方もいるでしょうね。でも、納品された記事が納得できることって、そんなにないと思うんですね。

記事発注者としては、記事のキーワードから、見出し「H2」「H3」まで決めてあげてないと、自分が思い描いた記事があがってくることはまずないです。自分でライバルサイトを分析して、H2の見出しまで組んで、ストーリーを作ることはできても、外注さんのライターでそこまで求めると、1記事最低1万円はかかります。

そこで、コンテンツスカウターZの見出し解析機能を活用します。この機能を使うことで、ライバルサイトの分析が短時間でできるようになるので、外注さんにお願いする記事のスピードも効率もどんどん早く、良くなります。

3.100万PVの方達の声

MOGI、今日は色々とありがとうございました。
どういたしまして。
そうだ、販売ページにも100万PV以上集めている方達の声がのっていますね。
うん、知りあい達がのっています。(笑)

コンテンツスカウターZの販売ページをみてもらえれば分かると思いますが、100万PV以上集めている人達の声がたくさん載っています。

それだけ証拠に裏付けされたツールといのが正しいところでしょう。ぜひ彼らの声も参考にしてみてください。

【特典】コンテンツスカウターZの購入こちらから

コンテンツスカウターZは月額2980円のツールです。しかし、2月28日(水)までご購入の方には、2,480円で提供されています。これは初回だけではなく、毎月500円違うということです。

ここまで見てくれているあなたは、このコンテンツスカウターZに興味があるはずです。

今回このページからコンテンツスカウターZを申し込んでくれた方には4つの特別な特典をつけます。

MOGI式コンテンツSEO成功法則ということで、

コンテンツスカウターZの特典の記事をご覧ください。

コンテンツSEOを加速させる特典5つ
【特典1】確実に成功するためのコンテンツSEO戦略

【特典2】 最短で成功するコンテンツSEO戦術5つ

【特典3】知識不要!オンラインで完結!オリジナルコンテンツを作る7つのアイデア

【特典4】トレンド記事でアクセスを集めてドメインを強くする方法

【追加特典】:2018年Googleのアップデートを乗り越えた方法

※特別特典についてはコンテンツスカウターZの特典の記事をご覧ください。

こちらの5つの特典を提供します。

累計1,000万PVを集めるMOGIさんが特典を作成してくれました。ぜひあなたのビジネスに役立ててください。

以下のリンクからコンテンツスカウターZをお申し込みすることで、この4つの特典を手に入れることができます。

⇒ [特典つき]コンテンツスカウターZのお申し込みはこちらから

\ SNSでシェアしよう! /

ローンチ島の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ローンチ島の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 鉄板のストーリーマーケティングの型と活用事例

  • お手軽配信!ウェビナーシステム・ツールまとめ(Webセミナー)

  • Mauticでタグを設定をしてトラッキングする方法

  • MauticでLP(ランディングページ)を作成してPVを計測する方法

  • 失敗しないウェビナー(Webセミナー)を開催する7つの指標

  • Mauticでスコアをトリガーにしてリード情報を変更する方法