1. TOP
  2. IT・マーケティング
  3. 物販アフィと情報アフィリはどちらが稼ぎやすいの?累計1,000万円稼いだ私が物販アフィを半年間やってた。

物販アフィと情報アフィリはどちらが稼ぎやすいの?累計1,000万円稼いだ私が物販アフィを半年間やってた。

IT・マーケティング  
今日のテーマは「物販」と「情報」の違いについて

最近まで「物販アフィリ」というものに取り組んでいました。

これまで情報商材をを取り扱うことが多かったのですが、人生ではじめて物販をやってみることにしたのです。(情報アフィリエイトでは、これまで累計1,000万円近く稼いでいます。)

物販アフィリエイトを開始したのが2018年2月。それから7ヶ月間実践した結果・・・どうなったのか?ここでまとめて報告させていただきます。

今から物販アフィリと情報アフィリ、どちらで勝負しようか迷っている方達の参考になればと思います。

1.物販アフィリは青天井

結論から言うと、物販アフィリは青天井です。

青天井というのは、売上額に限度がないという意味です。100万、1,000万、1億・・・実際に稼いでいるアフィリエイターは、総じて物販のジャンルを取り扱っています。

また、事業としてアフィリエイトを実践している会社さんも、情報ではなく物販アフィリエイトがほとんどです。その理由の1つに、物販アフィリの方が売り上げ値の限界がないことがあげられるでしょう。

  •  物販アフィリは、青天井

まずはこの認識を取り入れることで、物販アフィリに夢をもって取り組むことができます。

2.情報アフィリは実力が試される

そんな物販に対して、情報アフィリエイトはどうなのでしょうか?

個人的な見解としては、情報アフィリエイトは実力が試されます。

実力とはすなわち、

  •  紹介者の実績のことです。

情報アフィリエイトは「インフォトップ」「インフォカート」といったASPで取り扱われていて、紹介者特典をつけることができます。

逆に、物販では紹介者特典をつけることができません。つまり、購入者はできるだけ魅力的な特典がある人から購入をした方が良い、ということです。

ここが物販アフィリと、情報アフィリとの大きな分岐点です。

例えば物販であれば、SEOの順列でサイトの収益額が決まってしまうようなものですが、情報アフィリエイトは違います。魅力的な特典があるサイトから売れていきます。

私が20歳のときにFXの情報商材をあつかっていたとき、SEOでは30位くらいの商材が、ポツポツと売れていったのは、特典に魅力があったからだと思っています。

3.物販アフィリエイトは魅力的に見える

物販アフィリは青天井で、情報アフィリは個人能力次第(特典次第)と説明すれば、

  •  初心者は物販アフィリの方がいいじゃない

という見解になると思います。

初心者は特典など作る力もありませんし、収入が青天井と聞けばなおさらです。

私はこれまでに、情報アフィリエイトで累計1,000万円以上稼いできました。その過程で、物販アフィリに対して、恋いこがれる気持ちで見ていました。

それは物販アフィリで稼いでいる人は、月に1,000万円,2000万円,3,000万円と普通に稼いでいくからです。情報商材のアフィリエイトではここまで突き抜ける人はまずいません。

私だって、3〜4年アフィリエイトを頑張って「累計」1,000万円稼げたくらいですから、控えめにいっても、月1,000万稼ぐとのでは、天と地ほど離れている訳です。

そりゃあ、物販アフィリに憧れるのは当たり前でしょう。だから自然に物販アフィリエイトの方が良く見えるのです。

4.半年間の結果:物販アフィリの報酬額

ということで、物販アフィリエイトに取り組んだわけです。

情報アフィリエイトしかやってこなかった私が、物販アフィリを取り組んだどうなったのか?その結果からお伝えします。

前提として、私は月1,000万円近く稼いでいるアフィリエイターのコンサルを受けました。何かを始めるときにはプロに直々に教わるのが、僕なりの流儀です。

もちろん、情報アフィリとして累計1,000万円(4年近くかけてですが)稼いでいますので、アフィリエイト自体の知識はあるわけです。

そんな状態で、

  • ブラックSEO 10サイト(スキンケア部門)
  • ホワイトSEO 1サイト(スキンケア部門)

を取り組みました。

ブラックSEOは、中古ドメインや被リンクを使ったやり方で、ホワイトSEOは特化型のオウンドメディアを構築しました。その結果・・・

5.半年間の結果:物販アフィリの報酬額

7ヶ月の結果はこうでした。

・ブラックSEO 10サイト(スキンケア部門)
 ⇒  1360円×2件

・ホワイトSEO 1サイト(スキンケア部門)
 ⇒   0円

・合計 2720円(半年間)

という報酬額でした。

半年で2720円を稼げれば凄いことだと言う人もいるでしょうし、その逆で、たったの2720円しか稼げないのか?と思われるかもしれません。

私は完全に後者でした。

  • え、こんなに頑張って、たったの2760円かよ。

というのが正直な感想です。

作業時間としては、ホワイトのSEOに関しては、3000文字以上の記事を2日に1回は更新したので、現在100記事を越えています。

ブラックSEOに関しては、1ドメインに対して3記事ほど入れています。その他サテライトサイトからの被リンクだったり、中古ドメインの購入にもお金を使いました。

6.半年間実践した、物販アフィリエイトの特徴

物販アフィリを実践して、半年で稼いだ額は2.720円。

この報酬額が労働に見合うものだったのかは一旦横においておきましょう。

半年間のあいだ、物販アフィリに取り組んでわかった特徴を3つ書きたいと思います

  • 1.SEO至上主義
  • 2.商材選定が重要
  • 3.単価交渉が肝

順番にみていきましょう。

1.SEO至上主義である

物販アフィリエイトはSEO至上主義です。

売れるキーワードを見つけて、売れるキーワードで上位表示されなければ物販アフィリエイトで稼ぐことは厳しいです。

私が思う、物販アフィリの大きな特徴は、

  • 商品に特典をつけることができないこと

情報アフィリエイトでは特典が差別化要因となるので、単にSEOに依存しない形で報酬を稼ぐことができます(もちろんSEOは大事)。

このSEOで勝てなければ、アフィリエイトで勝つことはできません。

SEOで勝つためには、Googleを攻略する必要があります。Googleを攻略するということは、常にアルゴリズムの変更や、規約変更に対応していかなければいけない。

2.商材選定が全て

物販アフィリエイトの商品は、情報アフィリエイトよりも健全だと思っていました。というのも、情報ではなく物に依存するので、詐欺みたいな商品がないからと思っていたからです。

しかし、実際に物販アフィリエイト業界をのぞいてみると、言い方はわるいですが、粗悪だと思われる商品も多いです。

  • 多いというか、粗悪なものばかり

成分を見る限り、高額で売られているものでも、市販で売っているものより劣化している商品ばかりです。つまり、マーケティングの力で一時的に売れてる商品ばかりということです。

その証拠に、アフィリエイト市場のメイン商品となる健康・美容ジャンルの商品のほとんどが、今年流行しているものが、来年ごっそり変わります。

長く売れ続ける商品なんてのは、ほとんどないのです。

マーケティングで売れている商品は一時的です。せっかくのアフィリエイト記事をかいても、その商品が売れなくなるってことは、記事も終わるってことです。

商材選定がすべてです。

3.特単交渉が肝

物販アフィリでは、最初の報酬額が低めに設定されています。

ですから、初心者からのスタートであれば、ある程度の実績をだして、ASPから特単をもらう必要があります。それだけで報酬が2倍、3倍と跳ね上がるからです。

物販アフィリは情報アフィリよりも参入者が多いからかもしれませんが、アフィリエイターの質を担保するために、ASP側が調整しているのでしょう。とにかく報酬が安い。

  •  物販アフィリで稼ぐなら単価が命です

単価が高いものを扱わなければ、100万、1,000万円と報酬を積み重ねていくことは厳しいでしょう。

7.私が7ヶ月で2,620円しか稼げなかった理由

物販アフィリエイトで稼げなかったのは、わたしのスキルの問題でもあるのですが、ちょうどこの時、アルゴリズムの変更がありました。

ブラックSEOで作成した10サイト(中古ドメイン+被リンク)は、どのサイトも商標KW狙いでしたが、どれも30位圏内まで上昇しました。

そのうち、3サイトは10位圏内まであがったのですが、アルゴリズムの変更(2018年7月31日(火)のコアアップデート)によりサイトが吹っ飛びました。

  •  まさにこれから報酬があがってくる!

というときのアルゴリズムの変更だったわけで、運がないと言えばそれまでですが、運も実力のうちということです。

ぽちぽち順位が戻ってきているサイトもありますので、気長にみたいと思います。

逆に、ホワイトSEOは順調にアクセスが集まってきており、今のところ2万PVまでアクセスを伸ばすことができました。

ホワイトSEOはこれからアフィリエイト記事を仕込んでいくので、まだ報酬は上がってないのですが、これからが楽しみです。

8.結局、物販と情報アフィリのどっちがいいの?

今、どちらの業界でアフィリエイトを始めればいいか悩んでいる方がいたとしたら、こうアドバイスします。

  • どちらでもいい。ただ、長期的に考えろ(リスクヘッジも含め)

上に書いたように、物販アフィリエイトは青天井で、情報アフィリエイトは個人の能力が試されます。

外注化したり、人材をいれて、アフィリエイトの売り上げを青天井まで伸ばしたいのであれば、物販アフィリエイトに取り組めばいいでしょう。

もし、あなたが自分自身に何かしらのスキル・ノウハウがあるのであれば、それを特典として、情報アフィリに取り組むのもオススメです。

ただし、長期的に考えることは物販だろうが、情報だろうが共通です。

昨今、Googleのアップデートが頻繁におこなわれています。薬事法なども厳しくなってきていいて、ページがいきなり圏外に飛ぶなんてのは当たり前だと考えるべきです。

物販アフィリだろうが、情報アフィリだろうが、そのための準備をしておかなければいけません。

9.報酬を急ぐな。

私はアキュムレーター(資産を積み重ねる)という性格なので、一生懸命つくったものが、ある日突然、圏外に飛んでしまったなんてのは、本当に嫌で仕方がありません。

上でご紹介した、ブラックSEOというやり方は、ハイリスクハイリターンなやり方で、うまくいけばすぐに上位表示しますが、すぐに飛んでしまうってこともあります。

その逆で、ホワイトSEOは、上位表示するまでに時間はかかるんだけれども、飛ばされにくいという意味合いもあります。

Googleのアルゴリズムの変更を見る限り、これからはコンテンツファーストです(記事の質)。ですから、時間をかけてもいいから、いい内容の記事をあげるべきだと思います。

物販アフィリエイト、情報アフィリエイト。どちらも共通にして

  • 質の高いコンテンツをアップし続ける

これが重要なポイントです。

10.情報アフィリはざるが多く、物販アフィリはコピーが弱い

情報アフィリエイトと物販アフィリエイト。

それぞれの業界を覗いて思ったことは、

  •  情報アフィリエイトは、ざるが多い
  •  物販アフィリエイトは、コピーが弱い

 

情報アフィリエイトは、ざるが多い

情報アフィリエイトは、特典が差別化となると書きました。

裏をかえせば、情報商材のアフィリエイト記事は、特典目当てで商材を買う人が多いということなので、特典力に注力してしまい、記事内容が薄っぺらいものが多いです。

逆に、物販アフィリエイトは記事だけで買ってもらう必要があります。

どこよりも詳しい網羅された情報と、質の濃い情報を、1つの記事だけで伝える必要があるため、アフィリエイターがしのぎを削って戦っています。

ですから、情報アフィリエイトの記事は、物販に比べてざるな記事が多い。

物販アフィリエイトは、コピーが弱い

その逆で、物販アフィリエイトに関してはコピーが弱いものが多い。文章で使われている、言い回しや単語が弱い物が多いのです。

たとえば、

  • このニキビケア商品を購入して赤ニキビが改善されました。
  • ニキビケア商品を30日間利用して、赤ニキビが改善されたので、自信をもつことができました。男性の目を見て話せるになりました。

といったように、下の文章の方が言葉が強いのが分かりますか?

上の文章のように物販系は未来訴求が弱かったする文章が多いです。

特に誘導部分が弱いと思うことが多いです。行動喚起する場面では、しっかりとユーザーにクリックしてもらうような言い回しを心がける必要があります。

物販アフィリエイトで勝負する場合は、コピーライティングに力を入れるのが良いと思います。

11.まとめ:アフィリエイトに大切なもの

僕がアフィリエイトを通じて思うことは、誠意をもって、正しい情報を、正しくユーザーに届ける。

ここに尽きると思います。そしてモチベーション高く継続してやっていけるか。

この姿勢は、情報アフィリエイトだろうが、物販アフィリエイトだろうが変わりません。

\ SNSでシェアしよう! /

ローンチ島の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ローンチ島の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • プロダクトローンチの成約率は?CVRの基準値と売上アップの方法

  • プロダクトローンチが失敗する8つの理由

  • 高級ブランドのブランディング戦略と手法

  • フロントエンド商品とバックエンド戦略のすべて|9割以上の起業家が誤解している真実

  • フェラーリはまだ買うな!ジェフウォーカーが教える27の成功の秘訣

  • Mauticでタグを設定をしてトラッキングする方法